HOME > 「ひとり親家庭等の医療費の助成」

「ひとり親家庭等の医療費の助成」

担当 : 住民課 / 掲載日 : 2017/02/21

【医療費の助成】
離婚や死別などで母子家庭、父子家庭等となったひとり親家庭の医療費の自己負担額を助成します。入院時の食事代は対象外です。

【助成の対象】
対象は18歳になって最初の3月31日までにあるお子さんがいるひとり親家庭(祖父母含みます。)などのうち、所得税の課税されていない世帯で、申請された月の翌月から助成します。

【申請に必要なもの】
現在加入している健康保険証と印鑑を持参し、住民課福祉班で手続きをしてください。受給者証を交付いたします。
・1月以降転入された方は前住所地の所得証明が必要です。

【県内の医療機関を受診される場合】
健康保険証・受給者証・福祉医療費請求書(国保・国保組合に加入されている方は必要ありません。)を医療機関の窓口にご提示ください。

【県外の医療機関を受診された場合】
この受給者証は、県外の病院では使用できませんので、領収書と印鑑、振込先口座がわかるものを持参の上、手続きをしていただければ払い戻しが受けられます。

【更新の手続き】
助成期間は、毎年6月末日までとなっていますので、引き続き助成を希望される方は更新の手続きを行ってください。

【その他】
住所・健康保険等が変更になったときは、受給者証・健康保険証・印鑑を持参し変更の手続きを行ってください。

《様式ダウンロ-ド》


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


担当課

住民課

担当課へのお問い合わせ


ひとつ前のページへ
ページトップへ