HOME > 野鹿池山登山

野鹿池山登山

担当 : プロジェクト推進室 / 掲載日 : 2017/07/20

アピールメッセージ

野鹿の池とも糠(ぬか)の池とも言われ、神社の方へ桟板を敷いてあり尾瀬のような湿原、また6月初旬にはシャクナゲが美しい。


野鹿池山

登山シーズン

春の新緑と花(シャクナゲ5月下旬)、秋の紅葉(10月中下旬)。

アドバイス

国道32号の入り口には大歩危舟下り(往復30分)や石の博物館「らピス大歩危」(入館料800円)があり、又ホテル「まんなか」もあります。

県道川之江大豊線(5号)の刈屋の入り口には国の重要文化財の「旧立川番所書院」があり見学出来ます。

澤谷橋上流の大池橋から林道を少し入った所に「野鹿池山荘」が対岸にあります。
林道をさらに登ると古びた木の鳥居があり「県立自然環境保全地域」の標識が立っている。そこから登るコースもあります。(登山口より林道終点登山口まで140分)

アクセス・参考タイム


参考タイム

アクセス


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


担当課

プロジェクト推進室 電話番号:0887-72-0450

担当課へのお問い合わせ


ひとつ前のページへ
ページトップへ