HOME > 新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチンの接種について

担当 : 地域福祉課 / 掲載日 : 2021/03/16

大豊町では安全で円滑なワクチン接種を行うための準備を進めています。当面、確保できるワクチンの量に限りがあることから、国が示している優先順位に応じて、医療従事者の方、65歳以上の高齢者、基礎疾患がある方(注)、その他の12歳以上の方の順に接種を行います。
大豊町に住所を有しコロナワクチン接種を希望される方は、必ず7月中に予約をしてください。
予約は 地域福祉課 健康づくり班(TEL0887-72-0450)まで

対象者の範囲について

原則、接種を受ける日に大豊町の住民基本台帳に記録されている方が対象となります。
なお、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きについては今後お知らせします。
◎入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
◎基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方
◎お住まいが住所地と異なる方

接種費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種を受ける際の同意

接種を受けることは、強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

接種までの手続き(完全予約制です)

町内医療機関での個別接種です。接種は完全予約制になります。(予約 地域福祉課 健康づくり班 TEL0887-72-0450)

(1)12歳以上の住民の方には接種券を郵送しています。(誕生日がきて12歳になる方には誕生日の前月に発送します。)
(2)接種券が届いたら、接種できる町内医療機関名と接種開始日、予約受付開始日をご確認ください。
(3)ご都合のよい日にお電話で予約をしてください。(ご予約:0887-72-0450 大豊町コロナワクチン予約受付係まで)
(4)予約した日に町内医療機関で接種を受けてください。(接種までにワクチン説明書をよく読み、予診票の記入をお願いします。)

接種当日に持参するもの

●接種券(シールをはがさないでください)
●予診票(できるだけ記入しておいてください)
●本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
●お薬手帳(お持ちの方)

病院までの交通手段について

ワクチン接種を受ける町内の医療機関までの交通手段がない方は、通院タクシー制度をご利用ください。

※通院タクシー制度は、町内医療機関から町内のご自宅までの帰りのタクシー代の一部を助成する制度です。

ワクチン接種を受けた病院で通院タクシー券をもらい、病院からの帰りにタクシーをご利用ください。自己負担500円を支払っていただいたら、残額は町が負担します。(助成は片道のみです。)

(注)基礎疾患とは・・・

1. 令和3年中に65歳に達しない者であって、以下の病気や状態の者で通院/入院している者
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている。
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患のため入院にしている、精神障害者保険福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方


担当課

地域福祉課

担当課へのお問い合わせ


ひとつ前のページへ
ページトップへ